彼の母親に気に入られるには

相手をいとおしく思う気持ちだけが愛し合う二人の仲を留めている。愛し合う二人だから男女関係なく大切な人に、いい加減になれない。こういう気持ちが愛し合う二人を磨くということ。
多くの場合女の人は男の人のいろいろな才能が普通のレベルであることを望んでいる。全部が平均点の人が好感をもたれる。特別並はずれている完成された人は実際には寄せ付けてもらえない。
惚れさせたい相手が体を悪くして気弱になっているときこそ本心からの言葉や思いやっている気持ちを告げると、電撃的に相手を魅了することができるゆえに、これはここぞというときである。
「予定がたてこんでて」が珍しくない女性はモテるはずがない。「声をかけても時間がないという理由でと言われそう」と男のほうが気持ちを伝えるのをためらっているのが当たり前ではないか。
きれいごとと言えば実際問題として大人になって考えればありえない絵空事かもしれない。だがしかし、そんなふうになったらいいなとか、非現実的な希望だって本当は感じていても真剣に望んでしまうのが恋愛なんだと思う。
口づけの情報で、無意識に相手の遺伝情報や生殖状態を探り、自分に適したパートナーとなるべき人を選り抜いている。口づけで選別されない、残念ながら生物学的な観点からあまり恵まれていない相性です。
「俺が守る」等のいかにも男性らしいナイトさながらの甘い言葉に口説かれることになる女性は相当いる。ところが有言実行できない男性とはすぐに交際しなくなる人もいるだろうから用心しよう。
「占いの結果を見たら、私たち二人は見たことがないほど相性抜群なんだって!」と言ってごらん。明るい結果を声にすることで「二人は必ずうまくいく」という確信させる効力が予想される。

http://kagoshimauwaki.sblo.jp/